『アタラント号』&ジャン・ヴィゴ作品集

愛することの情熱、愛されることの歓び。溢れだすウィットと澄み切った情緒、そして香り立つ官能。フランソワ・トリュフォー、アキ・カウリスマキ、エミール・クストリッツァ、ミシェル・ゴンドリー、ユーリー・ノルシュテイン・・・、世界の映画作家が敬愛するジャン・ヴィゴ。たった4作品しか遺せず29歳でこの世を去った伝説の映画作家。その詩的な映像表現と才気に満ちた傑作が、4Kレストアでスクリーンに甦る!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『アタラント号』

アタラント号

1934年/フランス/88分
◎監督・脚色:ジャン・ヴィゴ◎脚本:ジャン・ギネ◎脚色:アルベール・リエラ◎撮影:ボリス・カウフマン
◎音楽:モーリス・ジョベール◎美術:フランシス・ジュールダン
◎出演:ジャン・ダステ、ディタ・パルロ、ミシェル・シモン、ルイ・ルフェーヴル、ジル・マルガリティス

田舎町とル・アーヴル間を運行する艀船アタラント号。乗組員は船長のジャンとジュリエットの新婚カップル、変わり者の老水夫ジュールおやじと少年水夫、そしてかわいい猫たち。はじめは新婚生活にときめいていたジュリエットだったが、狭い船内の単調な生活に息が詰まってくる。アタラント号がパリへ到着するとジャンとジュリエットはダンスホールへ。そこへ行商人がやって来てジュリエットを口説き始める。田舎娘のジュリエットは大都会パリへの憧れを抑えきれず、夜にこっそりと船を降りてしまう。怒り心頭のジャンは彼女を置き去りにして出航してしまうが…。ジャン・ヴィゴ、唯一の長編にして遺作。くめどもつきせぬロマンティシズム、澄みきった情緒。世界映画史に残るマスターピース。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジャン・ヴィゴ作品集

新学期 操行ゼロ

1933年/フランス/48分
◎監督・脚本・編集:ジャン・ヴィゴ◎撮影:ボリス・カウフマン◎音楽:モーリス・ジョベール◎美術:アンリ・シュトルク◎出演:ジャン・ダステ、ルイ・ルフェーヴル、ジルベール・プリュション、ジェラール・ド・ベダリュー

監督第3作。ヴィゴが描く小さな革命。猛烈なアナーキズムと自由で詩情に満ちた映像表現。そのスキャンダラスな内容から12年近く公開禁止となった。

競泳選手ジャン・タリス

1931年/フランス/10分
◎監督・脚本・編集:ジャン・ヴィゴ◎撮影:ボリス・カウフマン◎出演:ジャン・タリス(本人)

監督第2作。1931年、400メートル自由形で世界新記録を樹立した水泳チャンピオン、ジャン・タリスの強さの秘訣を分析するスポーツ・ドキュメンタリー。

ニースについて

1930年/フランス/25分
◎監督:ジャン・ヴィゴ / ボリス・カウフマン◎脚本:ジャン・ヴィゴ◎撮影:ボリス・カウフマン◎音楽:マルク・ぺロンヌ◎作曲と演奏:ステファン・ホーン、フランク・バッキアス)

ヴィゴの監督第1作となる短編作品。南仏ニースの街並み、バカンスに興じる富裕層の生態と庶民とを交差させ、エネルギッシュに活写する映像スケッチ。

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

〈鑑賞料金〉
一般1800円、学生・シニア1100円、会員1000円