ジョアン・ジルベルトを探して

2018年/スイス=フランス=ドイツ/111分
◎監督・脚本:ジョルジュ・ガショ◎原作:マーク・フィッシャー◎脚本:パオロ・ポローニ◎撮影:ステファン・クッツィー◎音楽:ジョアン・ドナート
◎出演:ミウシャ、ジョアン・ドナート、ホベルト・メネスカル、マルコス・バーリ、ジョルジュ・ガショ、マクシミリアン・ジモニシック

公式HP→http://joao-movie.com

「ボサノバの神様」と称されるブラジルの伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトの行方を追った音楽ドキュメンタリー。

卓越したギター演奏と甘美な歌声で世界中の音楽ファンを魅了したジョアン・ジルベルト(2019年7月に他界)は、08年8月にリオ・デ・ジャネイロでのコンサート出演を最後に、公の場に姿を現すことがなくなってしまった。それから10年、ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーは、ジルベルトに会うためにリオ・デ・ジャネイロに向かったが、結局会うことはかなわなかった。その顛末を記した本が出版される1週間前、フィッシャーは自らの命を断ったという。彼の旅に強く共鳴したフランス生まれでブラジル音楽をこよなく愛するジョルジュ・ガショ監督が、フィッシャーの夢を実現させるため、ブラジル中をくまなく歩き、ジルベルトゆかりの人びとや土地を訪ねていく。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1700円、学生・シニア1100円、会員1000円