極めて硬派なテーマが特徴の一つである韓国映画。社会問題をテーマにしながらもヒューマンなまなざしを忘れることなく、しっかりとしたエンターテインメントに仕上げる作り手たちの映画は、我々にいつも新鮮な驚きと深い感動を与えてくれます。「Heart and Heart Korean Film Week」は人と人をつなぎ、心と心をつなぐ、強いメッセージをもった作品をセレクトした上映会として企画しました。分断国家の悲劇的な状況を上質なエンターテインメント・ムービーに仕上げる名匠カン・ジェギュ監督と、韓国監督協会の元代表であり大ヒットメーカーとして知られるイ・ジュニク監督、そしてペ・ヨンジュンを映画俳優と導いたイ・ジェヨン監督、更には数々の国際映画祭での受賞歴を持つ中国出身のチャン・リュル監督。どの映画も複雑な社会問題を含んだ硬派な題材を、人間味豊かなアプローチで素晴らしい映画に昇華させています。この機会に魅力的な俳優たちと確かな演出力を堪能いただける、傑作揃いのラインアップを存分にお楽しみください。

あの人に逢えるまで

2014年|韓国|28分|カラー

韓国:カン・ジェギュ『シュリ』『ブラザーフッド』
出演:ムン・チェウォン『神弓』ドラマ『優しい男』、コ・ス『高地戦』『白夜行』

主人公ヨニは今日も「あの人」の好きな献立を並べて、あの人の帰りを待っている。ある日やってきた役所の人が「明日、一緒にあの人に逢いに行きましょう」と提案する。ヨニはどうしてあの人が、家に帰って来ないのか理解できない。わけの解らないままヨニは、お手製のお弁当を沢山のお年寄りが乗り合わせるバスに乗り込む。ヨニは「あの人」に逢えるだろうか?

 

春の夢

2015年|韓国|110分|カラー+モノクロ

監督:チャン・リュル『キムチを売る女』『境界』 出演:ハン・イェリ『海にかかる霧』『ハナ〜奇跡の46日間』
ヤン・イクチュン『息もできない』、ユン・ジョンビン『悪いやつら』パク・チョンボム『ムサン日記』

街をうろつくだけで稼ぎのないチンピラ、イクチュン。北朝鮮出身のジョンボムは給料もろくに貰えずクビになった。金持ちだが少し頼りない大家のジョンビン、そしてこの男たちのマドンナ的存在のイェリは寝たきりの父親の看病のため居酒屋を営んでいる。オアシスみたいなイェリの居酒屋に入り浸る3人の男たち。ある日、見知らぬ男が店にやってくる。

 

バッカス・レディ

2016年|韓国|111分|カラー

 

監督:イ・ジェヨン『スキャンダル』『世界で一番いとしい君へ』
出演:ユン・ヨジョン『蜜の味〜テイスト・オブ・マネー』『ハウスメイド』ユン・ゲサン『プンサンケ』『僕らのバレエ教室』

“死ぬほど上手”と噂の高齢者向けの売春婦ソヨン。得意客も見かけなくなったある日、トラブルに巻き込まれた混血の少年を助け、仕様がなく家に連れて帰る。彼女の住む家は様々な事情を抱えた人々が肩を寄せ合うシェアハウス。ソヨンは、生きるのが辛いと告白する客の哀願を訊き、同情を寄せる。ソヨンはいつしか“上手に死なせてあげる”方法を思いつく…タブコル公園、南山、イテウォンと観光客は知りえないソウルのディープなもう一つの姿。

上映スケジュールはこちらをご覧下さい

 

<鑑賞料金>
一般1500円、学生1200円、シニア1100円、会員・高以下1000円
『あの人に逢えるまで』のみ1000円均一