■ ペドロ・コスタ Pero Costa
1959年ポルトガルのリスボン生まれ。

リスボン大学で歴史と文学を専攻。青年時代には、ロックに傾倒し、パンクロックのバンドに参加する。リスボンの国立映画学校に学び、詩人・映画監督のアントニオ・レイスに師事。ジョアン・ボテリョ、ジョルジュ・シルヴァ・メロらの作品に助監督として参加。

1987年に短編『Cartas a Julia(ジュリアへの手紙)』を監督。1989年長編劇映画第1作『血』を発表。第1作にしてヴェネチア国際映画祭でワールド・プレミア上映された。以後、カーボ・ヴェルデで撮影した長編第2作『溶岩の家』(1994、カンヌ国際映画祭ある視点部門出品)、『骨』(1997)でポルトガルを代表する監督のひとりとして世界的に注目される。その後、少人数のスタッフにより、『骨』の舞台になったリスボンのスラム街フォンタイーニャス地区で、ヴァンダ・ドゥアルテとその家族を2年間にわたって撮影し、『ヴァンダの部屋』(2000)を発表、ロカルノ国際映画祭や山形国際ドキュメンタリー映画祭で受賞した後、日本で初めて劇場公開され、特集上映も行われた。『映画作家ストローブ=ユイレ あなたの微笑みはどこに隠れたの?』(2001)の後、『コロッサル・ユース』(2006)は、『ヴァンダの部屋』に続いてフォンタイーニャス地区にいた人々を撮り、カンヌ映画祭コンペティション部門ほか世界各地の映画祭で上映され、高い評価を受けた。山形国際ドキュメンタリー映画祭2007に審査員として参加。2009年にはフランス人女優ジャンヌ・バリバールの音楽活動を記録した『何も変えてはならない』を発表。また、マノエル・ド・オリヴェイラ、アキ・カウリスマキ、ビクトル・エリセらとともにオムニバス作品『ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区』(2012)の一篇『スウィート・エクソシスト』を監督している。前作『ホース・マネー』は、2014年ロカルノ国際映画祭で最優秀監督賞、2015年には山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞を受賞した。2015年のニューヨークのリンカーンセンターのほか、世界各地でレトロスペクティブが開催されている。

最新作である本作『ヴィタリナ』は、2019年ロカルノ国際映画祭で金豹賞&女優賞をダブル受賞、その後世界中の国際映画祭で上映、劇場公開が続いている。2019年東京フィルメックスで特別招待作品として日本初上映され、賞賛と驚きをもって迎えられた。

上映作品

血英題:Blood 原題:O Sangue
ポルトガル/1989年/ポルトガル語/モノクロ/Blu-ray /95分 
出演:ペドロ・エストネス、ヌーノ・フェレイラ、イネス・デ・メデイロス、ルイス・ミゲル・シントラ

★1989年 ヴェネチア国際映画祭出品
1990年 ロッテルダム国際映画祭 国際批評家連盟表彰

◆青年ヴィンセントは病に苦しむ父親を安楽死させ、墓地に埋める。父親の消息に疑問を持った伯父は青年の許にやってきて弟を連れ去ってしまった。一方、父親の負債の返済を求めて二人組が現れる。弟を取り返すべく動く青年を二人組が追っていく・・・。ペドロ・コスタ長編第1作となる本作はフィルムノワール的風貌を見せつつ、瑞々しく輝く画面が観る者を魅了する。マノエル・ド・オリヴェイラ作品常連のルイス・ミゲル・シントラが重要な役で華を添えている。

 

このページのトップへ


溶岩の家

溶岩の家原題:Casa de Lava
ポルトガル・フランス・ドイツ/1994年/ポルトガル語・クレオール語/カラー/DCP /110分
出演:イネス・デ・メデイロス、イサック・デ・バンコレ、エディット・スコブ

★1994年 カンヌ国際映画祭〈ある視点〉部門出品
1994年 テサロニキ国際映画祭 最優秀芸術貢献賞
1994年 ベルフォール国際映画祭 最優秀外国映画賞

◆看護師のマリアーナは、リスボンの工事現場で意識不明となった男レオンに付き添って彼の故郷カーボ・ヴェルデに向かうが、病人とともに荒野に取り残される。島民に病院まで運んでもらうが島民の誰一人として病人のことは語ろうとしなかった・・・。
“カーボ・ヴェルデから届いた手紙”というペドロ・コスタの重要なモチーフが初めて登場し、後のフォンタイーニャス地区を舞台にした作品に繋がる重要作。伝説的女優、エディット・スコブが特別出演している。

 

このページのトップへ


骨原題:Ossos 英題:Bones
ポルトガル・フランス・ドイツ/1997年/ポルトガル語/カラー/35mm /94分
出演:ヴァンダ・ドゥアルテ、ヌーノ・ヴァス、マリア・リブキナ、イザベル・ルート、イネス・デ・メデイロス 英題:Bones

★1997年 ヴェネチア国際映画祭 金のオゼッラ賞(撮影賞)
1997年 ベルフォール国際映画祭 審査員特別賞

◆赤ん坊を産んだティナはリスボン郊外にあるスラム街に戻ってくるが、夫は赤ん坊を連れて家を出て行ってしまう。彼は物乞いをし、看護婦のエドゥアルダと知り合い、彼女の家に居候するようになる。ティナの隣人クロチルドは家政婦をしているが、ある日エドゥアルダの家でティナの夫に出会う。スラム街フォンタイーニャスに住む人々を起用し、圧倒的なリアリズムで底辺の生活の厳しさを描き、高く評価された。『ヴァンダの部屋』のヴァンダも家政婦役で出演。

 

このページのトップへ

 

ヴァンダの部屋

ヴァンダの部屋英題:In Vanda's Room 原題:No Quarto da Vanda
ポルトガル・ドイツ・スイス/2000年/ポルトガル語・クレオール語/カラー/35mm /178分
出演:ヴァンダ・ドゥアルテ、ジータ・ドゥアルテ、レナ・ドゥアルテ、アントニオ・セメド・モレノ、パウロ・ヌネス

★2000年 ロカルノ国際映画祭 ドン・キホーテ賞・特別賞・青年批評賞・最優秀賞
2001年 山形国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀賞・国際批評家連盟賞
2002年 カンヌ国際映画祭 フランス文化賞・最優秀外国映画作家

◆数十人の規模の映画制作に疑問を持ったコスタは小型のDVキャメラを手にフォンタイーニャスに戻り、撮影を敢行。『骨』に出演したヴァンダ・ドゥアルテとその家族を中心に、再開発が進み、パワーショベルによる破壊が進む街に暮らす人々を見つめる。小津、溝口、フォードを想起させるスタンダードサイズの画面と、街に響く破壊音の対比が強烈な印象を残し、新たなドキュメンタリー表現として多くの映画作家に影響を与えた。

 

このページのトップへ


コロッサル・ユース

コロッサル・ユース英題:Colossal Youth 原題:Juventude em marcha
ポルトガル・フランス・スイス/2006年/ポルトガル語・クレオール語/カラー/35mm/155分
出演:ヴェントゥーラ、ヴァンダ・ドゥアルテ、ベアトリズ・ドゥアルテ、イザベル・カルドーゾ

★2006年 カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品

◆『ヴァンダの部屋』のスラム街は取り壊されて、ヴァンダは新しい集合住宅に移り住んで夫と子どもと暮す。カーボ・ヴェルデから移り住み34年間、フォンタイーニャス地区にすんできたヴェントゥーラ。妻に去られた後、まだ残るスラム街と新築住宅を行き来し"子どもたち"を訪ねる。過去と現在を縦横無尽に交錯させながら、彷徨える魂を描き出す。ヴェントゥーラが繰り返し口ずさむ手紙が感動を呼ぶ。

 

このページのトップへ

何も変えてはならない

何も変えてはならない原題:Ne change rien
ポルトガル・フランス/2009年/フランス語/モノクロ/35mm/103分
出演:ジャンヌ・バリバール、ロドルフ・ビュルジェ


◆『そして僕は恋をする』(アルノー・デプレシャン)や『恋ごころ』(ジャック・リヴェット)などに主演し、フランス映画作家たちのミューズとして知られるジャンヌ・バリバール。彼女の歌手としての活動を、リハーサルやレコーディング、コンサートやレッスン、曲は《ジョニー・ギター》からオッフェンバックの《ペリコール》まで、舞台をフランスの村の屋根裏部屋から東京のカフェへと移しながら、独自の視点で映画にした。

 

このページのトップへ


ホース・マネー

ホース・マネー英題:Horse Money 原題:Cavalo Dinheiro
ポルトガル/2014年/ポルトガル語・クレオール語/カラー/DCP/104分
出演:ヴェントゥーラ、ヴィタリナ・ヴァレラ、ティト・フルタド

★2014年 ロカルノ国際映画祭最優秀監督賞
2015年 山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞

◆『ヴァンダの部屋』『コロッサル・ユース』に続き、リスボンのスラム、フォンタイーニャス地区にいた人々と創り上げ、主人公も『コロッサル・ユース』のヴェントゥーラ。ヴェントゥーラ自身のカーボ・ヴェルデからの移民の体験をもとに、ポルトガルのカーネーション革命や植民地支配からの独立などの近代史を背景に、ポルトガルに暮らすアフリカからの移民の苦難の歴史と記憶を、ひとりの男の人生の終焉とともに虚実入り混じった斬新な手法で描く。

 

このページのトップへ

 

参考上映

映画作家ペドロ・コスタ/オール・ブラッサムズ・アゲイン

映画作家ペドロ・コスタ/オール・ブラッサムズ・アゲイン英題:All Blossoms Again: Pedro Costa, Director
原題:Tout refleurit: Pedro Costa, cinéast
フランス/2007年/フランス語/カラー/Blu-ray/78分
監督:オーレリアン・ジェルボー


◆『コロッサル・ユース』を制作中のペドロ・コスタ監督を記録する。監督と出演者たちとのやりとり、編集室でのラッシュ作業に加え、『骨』『ヴァンダの部屋』『映画作家ストローブ=ユイレ/あなたの微笑みはどこに隠れたの?』などの映像を交えて、監督の映画観を紐解く。『ヴァンダの部屋』の舞台となったフォンタイーニャスのスラム街は取り壊され、空き地になった場所を訪れ、語る監督・・・。『まぼろし』(フランソワ・オゾン)ほか、照明等の技師としても多くの作品に関わっているフランスのオーレリアン・ジェルボーが監督。


このページのトップへ

 

入場料金

当日券

一般1,800円/学生、シニア1,100円/会員1,000円

※ご鑑賞当日はオンライン予約の方は専用窓口で発券、当日券は受付窓口で指定席をお選びの上ご購入ください。開始時間の10〜15分前からご入場いただきます。
<全席指定席>となります。新型コロナウイルス感染症予防対策のため座席は半分にしていますので、出来るだけ事前のご購入をおすすめします。
満席の際はご入場出来ませんので、ご了承下さい。
オンラインチケットはこちら

イベント

★10/17(土)12:00『ヴィタリナ』上映後 北小路隆志さんトークショー

◎京都 出町座にて10/9(金)より【『ヴィタリナ』公開記念 ペドロ・コスタ特集2020】を開催!!
https://demachiza.com/

スケジュール

スケジュール

Copyright2020,Cinenouveau,All right reserved