LAST SUMMER チェコアニメ―ション メモリーズinOSAKA

東のディズニー“と呼ばれた詩とファンタジーの世界が夏の終わりを彩ります。

共産時代、当時チェコは表現の規制が強く自由な表現が難しい時代でしたが、アニメーションは“こども向け”で政治思想の要素はないと捉えられたため、規制が強くありませんでした。そこで表現の機会を求めた本当の芸術家たちがアニメ制作に取り組みました。表現に飢えていた彼らは自身の才能と情熱を注ぎ込み、そこで産まれた作品は世界から“芸術”と称されました。その“芸術”を評価した政府はアニメ制作を“国策”として推進し、大きな予算が投入されました。誕生したアニメはコマーシャルイズムとは無縁の詩的でファンタジックなアニメで、カンヌやベネツィア、ベルリンなどの国際映画祭でいつも高い評価をされ数々の受賞歴を誇り、人はチェコのアニメを”東のディズニー“と呼ぶようになりました。チェコのアニメには4つの要素がございます。「詩的」「ファンタジック」「ユーモア」そして「あらゆる表現が駆使」されています。創るたびに新しい表現方法を追求したチェコのアニメ、今も世界中のクリエーターに影響を与えています。そんなチェコアニメの特別プログラムを連日日替わり上映!そして、日本でも大人気のもぐらのクルテクがこの8/31に上映ライセンス切れとなります。国内最終上映となる「もぐらのクルテク』お見逃しなく!

8/18土
19:00【The evening of“キュートアニメ”】
20:40【The night of“キャッツ”】

 

8/19日
19:00【The evening of“とっても切ない詩の物語”】
20:40【The night of“森の妖精アマールカ”】

 

8/20月
19:00【The night of“ホラー”】
20:40【The night of“シュヴァンクマイエル短編集”】

 

8/21火
19:00【The evening of“おやすみアニメ”】
20:40【The night of“クルテクとミレルのファンタジー”】

 

8/22水
19:00【The evening of“フェアリーテイルズ”】
20:40【The night of 優しさあふれる心温まる絵のアニメ特選集】

 

8/23木
19:00【The evening of“真夏の夜の夢”】
20:40【The night of 極上の人形アニメ】

 

8/24金
19:00【The evening of“大爆笑”】
20:40【The night of“ズデニェック・ミレルの世界”】

 

8/25土〜シネ・ヌーヴォX
8/25土 16:00【The sunset of“クルテク・メモリーズ”】
8/26日 16:00【The sunset of“21世紀のイジー・バルタ(吹替)”】
8/27月 16:00【The sunset of“シュヴァンクマイエル最大のホラー”】
8/28火 16:00【The sunset of“シュヴァンクマイエルの最高のコメディ”】+眞部学さんによるトーク
8/29水 16:00【The sunset of“ポヤルの最高傑作”】+眞部学さんによるトーク
8/30木 16:00【The sunset of“シュール”】+眞部学さんによるトーク
8/31金 16:00【The evening of“さよならクルテク”】+眞部学さんによるトーク

 

一般1500円、学生・シニア1100円、会員1000円、高校生以下600円