どこへ出しても恥ずかしい人

2019年/日本/64分
◎監督・編集:佐々木育野◎撮影:高木風太◎録音・編集:松野泉◎編集:宮本杜朗
◎出演:友川カズキ、石塚俊明、永畑雅人、及位鋭門、及位然斗、及位玲何、大関直樹、安部俊彦、林秀宣
、六兵衛鮨、菊池豊

公式HP→https://hazukasiihito.shimafilms.com/

途方に暮れながら生きる

ちあきなおみ、大島渚、中上健次らを魅了し、いまもなお歌手、画家、詩人としてカルト的人気を誇るアーティスト、友川カズキ。その競輪に狂う日々を記録したドキュメンタリー。
1974年にレコードデビュー、その後画家としても活動を始め、1985年に初の個展を開催。その多彩な表現活動は、作家・中上健次や映画監督・大島渚ら多くの芸術家・文化人を魅了したが、広く大衆に受け入れられることはなく、現在も川崎の小さなアパートで粛々と暮らしている。20年来、競輪にどっぷりのめり込んでいる彼は、1日の大半を競輪場か家でのレース予想に割いている。そんな友川の2010年夏に密着し、テレビの前や競輪場で車券を握りしめて叫ぶ姿、近所の公園で水浴びをする姿、絵を描き、ライブで歌う姿など、その生活の一部始終をカメラに収めた。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1500円、学生・シニア1100円、会員1000円

舞台あいさつ 4/4(土)13:00の回上映後 ゲスト:友川カズキさん、佐々木育野監督