cinenouveau

サイレント映画にサウンドを加えて映画を甦らせる
──実験音楽のヤコブ・ドラミンスキーによる
ライブパフォーマンス

《Himmelskibet – A trip to Mars》


(Denmark, 1918, Director: Holger-Madsen, 80 min)

 

火星探検を夢見る若きアヴァンチ・プラネタロスは、宇宙船EXCELSIORを建造し、夢想家たちのグループを率いて火星へと飛び立つ。遙かな惑星にたどり着いた彼らが遭遇したのは、地球とは正反対の平和な文明だった……。《Himmelskibet》は、1918年、第一次世界大戦が終了する直前に製作された。疲弊したヨーロッパの人びとがいかに平和を希求していたか、この映画は示しているかもしれない。平和と愛にあふれたこの映画は、世界初のスペースオペラ映画と呼ばれている。

 

 

EXCELSIOR ALL STARS
テルミン       ─ コジマ ・サオリ (andmo’)
トランペット     ─ ヤマモト ・ノブキ (popo, LIVE! LAUGH!)
トロンボーン     ─ セイゾ ・リエコ (Mitamurakandadan, PetDoGu)
バンジョー      ─ コジマ ・タカシ (シマクマガンホーズ, ホーローキ)
コンピューター、作曲 ─ ドラミンスキー (Blæst&Bue, Pascal Comelade)

 

 

ヤコブ・ドラミンスキー (デンマーク)

作曲家として主に即興音楽、舞台音楽等、サウンド ・アートのフィールドを中心に活動。器楽奏者としては、フランス人ピアニスト Pascal Comelade のグループに参加(1991-2001)するかたわら、コンピューターテクノロジーを駆使しながら、ソロとしてコンサート活動を行う。日本国内での活動としては、2001年から東京、名古屋、福岡、大阪において日本人のインプロヴァイザーや能楽師とともに、さまざまなコラボレーションを行っている。

 

 

0pen: 20:15
Start: 20:30
¥2,000

※特別イベントなので割引、回数券、招待券は使用できません。