JULLAY 群青のラダック

2022年/日本/54分
◎監督:野村展代◎撮影:佐藤竜治◎整音:臼井勝◎音楽:HEA Nawang Phuntsog◎音楽プロデューサー:原田泰男◎編集協力:ウエダアツシ

公式HP→https://ladakh-jullay-movie.com/

「歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて」の野村展代監督が、写真家の佐藤竜治とインドのラダック地方を訪ね歩く旅をつづった紀行ドキュメンタリー。

インド北西部のヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に囲まれた高山地帯でインダス川の源流域に位置するラダック地方は、チベット仏教最西端の地であり、現在も多くの人々が自給自足の農耕生活を営み「天空の楽園」と呼ばれている。そこに暮らす人々や風景を数年間にわたって撮影してきた佐藤の写真に憧れを抱いた野村監督が、彼がかつて出会った人々と再会する旅に同行。現地の生活や食文化、宗教観、家族や友人とのつながりなど、ラダックならではの緩やかで優しい雰囲気を、美しい自然とともに映し出していく。 タイトルの「JULLAY(ジュレー)」は、「こんにちは」


「ありがとう」といった意味でラダックの人々が日常的に使用する挨拶の言葉。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1600円、シニア1300円、会員・学生1200円、高校生以下・ハンディキャップ1000円
オンラインチケットはこちら