まぶいぐみ ニューカレドニア引き裂かれた移民史

2017年/日本/110分
◎監督・脚本:本郷義明 ◎原作・監修:三木健◎脚本:本郷義明◎撮影:川満洋平、與那良則◎音楽ARIA、国吉亮、金川哲也◎ナレーター:山川建夫◎題字:豊平峰雲

公式HP→http://mabuigumi.com

戦争とは何か、民族とは何かを様々な視点から問いかける

「沖縄・西表炭坑史」「『八重山合衆国』の系譜」など沖縄の郷土史に関する著作を数多く手がけたジャーナリストの三木健が、10年間かけて沖縄とニューカレドニア双方の家族をつなぐ活動をまとめた「空白の移民史 ニューカレドニアと沖縄」が原案。1904年から始まった日本からニューカレドニアへの移民者は日系人全体で5581人、うち沖縄からは821人を数えていた。2006年、ニューカレドニアで開催された日系移民の写真展のシンポジウムに参加した三木は、日系沖縄人のある家族から「私たちの父を探して」と懇願される。日本へ戻った三木は、家族たちの父親のルーツを探すために奔走するが、次第に明らかとなっていったのは、ニューカレドニアへ渡った人びとのこれまで語られることのなかった空白の歴史だった。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1800円、学生・シニア1100円、会員1000円

★初日、三木健さん舞台あいさつ